「北アルプス」タグアーカイブ

2015.08.14~16 滝谷クラック尾根

10年来の憧れだった滝谷へ,仲間に連れて行ってもらいました。

今回登ったのはクラック尾根です。
ルートグレードが3級上,ピッチグレードもIII級が連続することから,正直余裕でしょと思っておりました。
しかしながら開けてびっくり,ガレガレのB沢の下降に神経をすり減らすことに始まり,岩がもろくてホールドがいちいち信用できなかったり,ワイドクラックで奮闘したりと,これぞアルパインという感じでした。
退役クライマーにはかなり厳しく,気力体力ともに出し切りました。

リードしてくれた二人には何から何までお世話になり感謝感謝です。

IMGP0033

14日
上高地→涸沢
雨が降ったりやんだり。
屏風岩を見上げつつ昔の思い出に浸りながら歩く。

IMGP0042

15日
滝谷へ向けて,まずは北穂を目指す。
4時過ぎにスタート。

IMGP0046

小屋で身支度を整え,大キレットへ少し下る。

IMGP0050

ガレたB沢を取付きへ向けて下降する。
枯滝のクライムダウンもあり,何度も帰りたいと思った。

0132_xlarge

B沢を下から。
岩屑が堆積している。
私は遥か後方で影も写っていない。。

IMGP0051

1P登って一旦懸垂下降。この写真の2P目の後リッジに出る。
浮石だらけでとにかく怖くて大変だった。

IMGP0059

3P目 III
珍しく硬くて快適。

IMGP0061

大キレットの縦走路を見上げる。
たくさんの縦走者がいた。 IMGP0062

背後の蒲田川・笠ヶ岳方面

IMGP0066

4P目 III級のはずなのに出だしが急傾斜で大変だった。

IMGP0074

第一尾根を背景に

0181_xlarge

大キレットを縦走する仲間に撮ってもらった。
旧メガネのコルで渋滞待ち。
奥は滝谷第一尾根。

0186_xlarge

旧メガネのコルにて。

IMGP0068

旧メガネのコルからジャンケンクラックを目指して2P。III級のはずなのに,正味5.8くらいのスクイーズチムニーがあって大変だった。

IMGP0076

7P目 ジャンケンクラック左側 IV
右側は残置支点が殆ど無く,大きいサイズのカムを持ち合わせていなかったのでややランナウト。

IMGP0080

大キレットの縦走路をこの角度から眺められるのは,クラック尾根を登った人の特権です。

IMGP0084

最終12ピッチ III

IMGP0086

北穂小屋のすぐ裏に出て終了。
渋滞に捕まったこともあって,終了は16時過ぎになってしまった。
その後ない体力を振り絞って涸沢まで下る。

IMGP0087

16日
気持よく晴れた涸沢から撤収。
今回5年ぶりだったが,次はいつ再訪できるだろうか?

2012.05.12-13 明神岳東稜

今回私にとって(旧)アルムクラブでの初山行。

場所は北アルプスの明神岳東稜、昭文社のエアリアルマップには載っていないバリエーションルート。

好転にも恵まれGWの鬱憤を吹き飛ばすような爽快な山行だった。

 

5/12 14:00 上高地入山。ほとんど観光客ばかり。

 

15:00 嘉門次小屋に到着。本日はここまで。

明日のハードスケジュールに備え囲炉裏でゆっくりとくつろぐ。

朝も早いので20:00頃就寝。

 

5/13 3:35 嘉門次小屋を出発。まだ暗い。

養殖場跡を過ぎ宮川尾根を登って行く。だんだんと周りが明るくなり、宮川のコルあたりで完全に夜が明けた。

5:55 ひょうたん池

ひょうたん池を過ぎてある程度上るとUリーダーからこの先細いのでコンテの指示がでる。

6:45 これが第一階段と言われる岩場なのか?Uリーダー-Nさん-Mさん、Aさん-私と言うオーダーで登り始める。

途中コンテを交えながらどんどん登る。

 

そして今回私が一番嫌だったスラブ・・・つるっといってしまいました。。。

そして9:40念願の明神岳頂上。景色も最高!

後はⅡ峰~Ⅴ峰まで快適な岩歩きを稜縦走。

前明神沢の岩含みデブリ跡をたどり降りてきた。

 

15:05無事に上高地到着!本当に充実した山行だった。(上高地から明神)

2011.04.24 乗鞍岳BC

外部友人と乗鞍岳へスキーに行ってきました。

23日土曜日は生憎の土砂降りにより温泉と休養に徹する。
乗鞍の温泉は濃い硫黄泉でよく温まる。もちろん掛け流し。

24日朝は素晴らしい天気。
乗鞍岳の真っ白なピラミッドが澄み渡った青空に映える。
ただし、時々雪煙が舞い上がるのが見え、風が強いことは予想された。

樹林帯の終点までは風はあるものの晴れていたのだが、その上部は猛烈な吹雪だった。

登頂はおろか、肩の小屋へ行くこともやめて、滑降開始。

雪が締まっていて滑りやすく、非常に気持ちがいい!
3時間ほど掛けて登った道を一瞬で滑り降りてしまった。

麓に下りると午前中の吹雪が嘘のように、春爛漫だった桜

2010.08.06-08 前穂 4 峰正面壁北条・新村ルート

日本を代表するクラシックルートの一つであるという前穂4峰正面壁 北条・新村ルートを、
wさんに連れられて登攀してきました。

アプローチの悪さといい、アブミの掛け換えによる垂壁のトラバースといい、何度か本気で死ぬかもと思いました。本気アルパインの恐ろしさを思い知らされたと共に、また新たな領域に足を踏み入れてしまった気がします。

8/5(水)
22時 八王子発、26時 沢渡着
軽く飲んで仮眠

8/6(木)
0600 起床、タクシーに相乗りして上高地へ
0800 上高地発
1430 涸沢着
2000 就寝

8/7(金)
0400 起床
0500 涸沢発
0630 5・6のコル
0825 C沢下部
1145 北条・新村ルート取付
1215 登攀開始
1330 ハイマツテラス
1430 核心のトラバース開始
1830 終了点
1900 北尾根縦走路へ
2000 5峰ピーク(ヘッ電点灯)
2130 涸沢着

8/8(土)
0700 起床
0800 朝酒
1000 涸沢発
1530 上高地

8/6(木)
この日は涸沢まで歩くだけなので比較的遅く起床し、ドイツ人の親子連れとタクシーを相乗りして上高地へ。旦那は重太郎新道を日帰りでピストンするとのことだった。

重荷を背負ってひたすら涸沢を目指す。天気は上々で徳沢~横尾間では左手に目指す4峰正面壁がくっきりと見えていた。このときは認識していなかったのだが、写真中央左の巨大な雪渓がC沢で、その右上のやや陰になっている岸壁が4峰正面壁。(写真1)

横尾から本谷橋方面へ分岐すると、登山者が随分と減った。多くの人が槍を目指すのだろうか?3週間前の北鎌のときとは逆だ。
屏風岩が次第にその姿を現す。来年には挑戦できるだけの実力を身に付けたいものだ。

涸沢へ到着して、やっぱりまずはビール。その後友人の所属する○和山岳会のテントにお邪魔した後就寝。お世話になりました。

8/7(金)
朝はこの上なくいい天気だった。
軽い朝食とパッキングを済ませて5・6のコルを目指す。(写真2)

北尾根の稜線が近づいてくると雪渓の傾斜もだんだんと急になってくる。
振り返ると涸沢カールの大パノラマ。(写真3)

5・6のコルへ到着すると、雲が急速に湧き上がってきた。最初は奥又白の池が見えていたが、次第に視界が悪くなってきた。C沢から正面壁上部が見えないとアプローチのルートファインディングが困難とのことから、一旦は北尾根縦走に計画を変更した

ところが5・6のコルから1分も進むと視界が良くなったので、北尾根は私でもリードしていけるとのことだし、ダメ元でC沢まで行ってみることに。
コルから奥又側への下りが悪い。基本的にガレ。人があまり入っていないのでその程度は甚だしい。トラバース道が崩落していたりして、写真の箇所ではロープを出した。(写真4)

ザレ場のクライムダウンは恐ろしい。とにかく手も足もまともなホールドがほとんど無いのでだましだまし降りていくしかない。転落したらかすり傷くらいでは済まないだろう。ここが生命の危機を感じた箇所その1。。。(写真5)

喘ぎ喘ぎガレた道を下ってC沢にたどり着くと、4峰正面壁はガスの中だった(゜Д゜;)。。。予想はしていたのだが。。。(写真6)

このまま踵を返しても涸沢で昼間っから飲んだくれるしかないので、奥又白の池まで散策することに。すると、道に迷ったりしている間に正面壁がきれいに見えてきた。
そこで、天候が悪化したら引き返すという選択肢を残しつつもアタック決定。C沢を詰める。(写真7)

C沢の上端からシュルンドを越えて岩に取付く。ここからルートの取付までは非常に悪く、写真を撮る余裕も全く無かった。クラックに沿って登ると上部がボロボロだったり、とにかくザレガレともろいホールドの連続。そんなところをフリーソロで登るのだから緊張感は尋常ではなかった。

靴を履き替えアンザイレンして、いざルートへ取付く。最初の4Pは易しい凹角を右上していく。(写真8)

ハイマツテラスからが北・新ルートの核心。まずはオーバーハングをアブミを使って越えていく。(写真9)

そして次のピッチは垂壁のトラバース。ささくれかけた残置スリングにアブミを掛けながら進む。まさにロシアンルーレットだ。
ビレイヤーの足場もそんなに広くない。そしてこの高度感((((;゜Д゜)))
ハーケンの間隔がかなり広いので、アブミの掛け換えは困難を極めた。
はたして自分がランナーを回収しながら進むことができるのか甚だ心配だった。

この間、空は晴れたり曇ったり。時にはガスが我々を覆ったり、遠くで雷鳴が聞こえたり、雨粒を手に感じたりして、ルートの困難さと相まって不安が募った。

さあ次は私の番。まずはアブミでのトラバース。これまでハング壁でアブミの練習をしたことはあったが、どうやら垂壁の方が難しい。レストの体勢が安定しないのだ。そして次の支点が遠い。さらに次のアブミに乗り移った後にその前のアブミとランナーを回収するのがまたまた大変。そんなことをやっているうちに全身の筋肉が悲鳴をあげてくる・・・。フイフイやヌンチャクでぶら下がると今度はハーネスが腰に食い込んで痛い。まさに八方塞で絶体絶命。そのうちwさんからは“救助呼ぼうか~?”との声まで。

もがきにもがき、足掻きに足掻き、最後はメインロープにマッシャーをかまして体を次の支点に引き寄せ何とかアブミをかける。結局スリングを1本回収できなかったが、ほうほうの体でアブミから解放された。しばらくは安定したホールドに恵まれてさらにトラバース。

ところが、である。これで終わらないのがこのピッチ。終了点は間近に見えているのだが、一見スタンスがない。またアブミかよ~、と泣きそうになっているとwさんから1段下りたところに足場があるとのアドバイスが。見ると、100mは切れ落ちている断崖に5cm程の岩角が出ている。崩れるかもしれないという恐怖心と戦いながら祈るような気持ちでその小さな出っ張りに乗り移り、何とかこのピッチをクリア。本当に寿命が縮まった。

核心は抜けたが次のピッチも決して易しくはない。心身共に疲労困憊した状態で、右上するクラックに沿って登っていく。ハイマツテラス以降吸水もできておらず、緊張も手伝って喉はカラカラ。ただひたすら早く終わってくれと願いながら登る。

最終ピッチを終えて一安心。吸水し、靴を履き替え、ロープとガチャを仕舞い、帰路へ就く。時間が時間だっただけにビバークも覚悟していたが、ヘッ電をつけて北尾根とコルからの雪渓を下り、ふらふらになりながら涸沢へ。疲労のあまり仰向けにひっくり返ると空一面の星が目に染みた。北尾根沿いに流れた特大の流星は天からの労いだったのかも。

8/8(土)
当初予定していた滝谷ドーム中央稜の登攀は中止。
朝一からビールとおでんで昨日果たせなかった乾杯を果たして下山。

徳沢-横尾間から見上げる前穂北尾根 涸沢から5・6のコルへ

 

涸沢カール 5・6のコルから奥又側への下り

 

ガレ場のクライムダウン 正面壁はガスで覆われていた

 

C沢を詰める 最初の易しいピッチ

 

.アブミを使ってハングを越える トラバースのピッチのビレイ地点

 

アブミを使ったトラバース こんなの自分にできるんだろうか??

2010.05.03-05 鹿島槍ヶ岳 東尾根

参加者:W,U,I,M

5月3日
11:00 信濃大町駅で集合
12:00 大谷原登山口
林道を歩いた後に、東尾根へと取付き。急登で順調に高度を上げて一の沢の頭を経て
17:00頃に二の沢の頭の少し手前で幕営。

5月4日
02:30起床
04:50出発
二の沢の頭を経て、雪面のトラバースと急登が続く。
07:00第1岩峰へ取り付き。手順も含め、登攀に時間を食う。
10:00第2岩峰取り付き。確保されている安心感もあり特に問題なし。しかし、同じく時間はかかった。
逆に、この後のナイフリッジは恐怖となる。
「いま横から突風が吹いたら」「足元の雪が崩れたら」と思うと仕事中以上に腰が低くなった。

12:30北峰着。
握手と写真と食事を済ませた後、出発。
ひたすら雪壁を登り13:40南峰着。
冷池山荘へ向けて(ビールへ向けて)下降開始。
16:00頃、山荘着。
極寒の受付でとにもかくにもビールを飲んだあと幕営。U、Iの両名は4日目のテン泊。
温かい布団を選んだ渡邉さんの部屋へお邪魔した後早めに就寝。

5月5日
何だかんだで7:40出発。赤岩尾根の下降を開始。
剱岳やら踏破した東尾根を見る度に写真タイムとなる。
雪壁もナイフリッジもない尾根だったが雪の落とし穴があちこちにあり、仲良く全員一度は落ちるハメに。
12:00大谷原着。無事下山。
恒例のお風呂で身体を癒した後、帰宅。

痩せた稜線上では各自、間隔を空けて進む。 痩せた稜線上では各自、間隔を空けて進む。

 

大町の夜景。 第一岩峰

 

第二岩峰に取り付くWさん 第二岩峰登攀後。北峰へ向けてもう一息…

 

ナイフリッジ。落ちても「命は」残るそうです。 北峰着

 

南峰着 3日目。快晴の中、剱岳を望む。

 

そこかしこに「雪の落とし穴」が。 l無事下山。全員で握手を。

2010.05.01-02 焼岳~西穂独標

ucchiy,いちろー(記)

GW前半は中ノ湯から焼岳を登り,西穂を目指した。時間切れのため西穂登頂はならず。核心はトレースのない場所を進む勇気とルートファインディングといったところだろうか。ビバークも経験し,GWらしからぬ,人とほとんど会わない静かな山行だった。

4月30日金曜夜,慌ただしくパッキングを済ませて毎日アルペン号が待つ竹橋へ。荷物は余裕で20kg超。

5月1日5時過ぎに中ノ湯で放り出されるようにバスを下りると何と雪がちらついていた。ト伝の湯の管理小屋があるので水道くらいあるだろうと高を括っていたが,釜トンの横から放出している水を沸かす羽目に。冷たい風に身を縮めながら準備をして0600登山開始。
最初からもの凄い急登であえぎながら登っていると薄く雪の積もった石の上で足を横に滑らせて転倒。右膝を強打し,開始1時間でGW敗退かと一瞬目の前が真っ暗になったが,外傷はなく軽い打身で済んだ模様。
重荷と寝不足のためコースタイムにやや後れを取りながら進む。突然進路を横切るトレースが現れた。大きさは人間の足跡と似ているが形がちょっと違う。何と真新しいクマの足跡だった。ここからは頻繁に笛を鳴らしながら歩く。
足が雪に潜るようになったので,わかんとストックを装備。なんと歩きやすくなったことか。20cm足が潜るかどうかで疲れ方が全然違う。右手には明神や霞沢岳が美しい。
南峰と北峰の間の鞍部をめざしてどんどん高度を上げていくと,背後には乗鞍も見えてきた。鞍部ではかなり激しく噴煙が吹き出している。鞍部からはアイゼンに履き替えて,夏道が雪で埋まっているため噴煙の中北峰へ直登。

頂上からは360°の大展望。笠ヶ岳など飛騨側の山々や槍~穂高~明神,岳沢が一望のもとに。一通り景色を堪能して従走路に踏み出そうとしたのだが…道がない。
事前に西穂山荘に電話して従走路には冬季ほとんど人が入らないと聞いてはいたのだが…。地図を見ると,どうやら夏道は眼下に落ち込んでいく雪渓の下に埋もれているようだ。しかも雪渓の取付きにはシュルンドが大きく口を開けている。トレースの全くない一見ふかふかすべすべの雪渓とシュルンドに敗退の雰囲気が濃厚だったが,石を投げてもぐり方を見てみたところ,新雪はそんなに深くない。これで雪崩の危険性は低いと見えた。シュルンドをよくよく眺めてみると取付ける地点も見つかり,とりあえず雪渓を真上から観察してみる。傾斜の緩いところを選んでいけば何とか下りられるだろうと私は踏んだ。議論の末ucchiyさんを押し切り下降開始。
急なところは横向きに下りたり,もっと急なところは後ろ向きに下りたり。緩いところを目指してトラバースしたり。何とか下りきって雪に埋もれた焼岳小屋へ。振り返ると下ってきた斜面にトレースがくっきり。何だか随分急に見えるぞ??
時刻は1500。ここでテン泊という選択肢もあったのだが,無理なら途中ビバークすることを念頭に,西穂山荘のビールを目指して先へと進んだ。赤テープもなく道が全くわからないので,とりあえず尾根を目指して急登する。氷もあったのでわかんを再びアイゼンに履き替えて藪漕ぎ。藪があまりにひどいので道を探して降下。再びクマの足跡に遭遇しなが2229mのピークへ。
この写真の時点で1617。焼岳小屋~西穂山荘間の1/5ほどの行程で1時間以上を費やし,山荘までたどり着くことは困難に思えたが,後退するよりはもう少し進んでビバークすることに決定。夏のトラバース道が雪に埋もれているためであろう,ルートファインディングは困難を極め,ついにはロープを出して懸垂下降したり登り返したりしながら,ようやく割谷山頂付近に絶好のテントサイトを見つけた。時刻は1800頃。今日も12時間行動。
テントを張り,水用の雪を採取すると,笠の稜線の向こうに陽が沈んでいった。ビバークとは言うものの,装備に不足はなく快適なテン泊。涸沢の喧噪をよそに,同じGWの北アルプスとは思えないほどの静かな夜で,満天の星空も独占。

翌2日。まずは西穂山荘を目指す。
急斜面を下りることもあったが,山容は次第に穏やかに。まるで山ガールでも出てきそうな雰囲気さえ醸し出していたが,出てきたのはまたもクマの足跡だった。2時間ほどの行程かと思っていたが,結局4時間半かかり1200ごろ西穂山荘へ。時間的,体力的に西穂登頂は無理だったが,独標までは行くことにした。
足がパンプして息も絶え絶えだったが,最後に短いアイゼン岩登りを経て独標へ。岳沢,吊尾根,奥穂への従走路などなど360°の大展望。ロープウェイで新穂高に下りて,キャンプだけのために一路上高地へ。

贅沢だが,夕暮れの上高地も素晴らしかった。小梨平のキャンプ場も素晴らしかった。梓川のほとりにテントを張り,手に入れた豪華食材とビールで宴会。闇夜にうっすら浮かぶ岳沢と星空が美しかった。

こちらもご覧ください。
ichiroの部屋

焼岳への登り。噴煙が激しく立ち上る。 焼岳からの下り。まっさらな雪面に自分たちだけのトレースを刻む

 

焼岳からの下りその2。トラバース 焼岳を振り返ると下降路は随分と急峻に見えた。

 

ビバーク地点からの星空 西穂独標への登り

 

西穂独標からだけ沢を望む 梓川ほとりのテントサイトから

2009.08.29 表銀座

研究室の人々を連れて軽~く縦走のつもりだったが,やはり槍はそんな生やさしい山ではなかった。さらに諸事情により共同装備をほぼ私が持つことになり20kgくらいの荷物を3日間背負い続けたのでかなりこたえた。

天気は良くはなかったが,行動中激しい雨に降られることもなく,景色もそこそこ見ることができた。東鎌尾根を歩いているときに北鎌尾根に雲がかかっていたのは残念だったが,槍の肩に泊まった夜は星空も眺められて長時間露光での撮影を楽しんだ。

8/29
0630 中房温泉
0940 合戦小屋
1100 燕山荘
1140 燕岳山頂
1540 大天荘
夕飯: 鰻丼,麻婆茄子

8/30
0630 大天荘
0930 ヒュッテ西岳
1320 槍の肩
夕飯: ハンバーグ,野菜スープ

8/31
0650 槍の肩
0850 槍平小屋
1230 新穂高温泉

燕岳は砂地でコマクサが群生していた。麓の波田町がスイカの産地なのも肯ける。ちなみに合戦小屋では1/8カットのスイカが800円で買える。あの場所であの甘さならかなりコストパフォーマンスは高いと思われる。

フォト

砂地から岩が生えている燕岳山頂

フォト

大天井岳への従走路から硫黄尾根。左に天井沢も見える。

フォト

従走路から大天井岳。最後の登りが辛かった。

フォト

大天荘テン場から槍・穂高

フォト

大天井岳山頂から北鎌尾根

フォト

東鎌尾根にはトリカブトが多く見られた

フォト

3羽の雷鳥を一度に見たのは初めてかも

フォト

チシマギキョウの群生@槍の肩

フォト

槍の穂先

フォト

30秒露光

フォト

大喰岳に月

フォト

30分露光

フォト

あまりに星空が綺麗だったので穂先へナイトクライミングしてみた。
南側。穂高方面

フォト

北鎌尾根

フォト

頂上でビバークも辞さないつもりだったが,みるみるうちに空が曇ってきたので恐ろしくなってテントに逃げ戻った。下山中に月の暈が見えた。

フォト

翌日。台風の影響か朝から雨だったが下るに連れて天気は回復。笠ヶ岳を西に眺めながら下山。

フォト

 

2009.08.16-17 ジャンダルム

ichiro

天気の良い日を狙って奥穂~西穂の従走路に挑戦した。最小限の日数にするために,1日目に重太郎新道を白出沢のコルまで上がり,2日目に従走路を走破して下山することにした。
詳細は写真とともに。

16日
0630上高地
0830岳沢ヒュッテ跡
1045紀美子平
1130前穂山頂1200
1400奥穂山頂1540
1500穂高岳山荘

17日
0530 穂高岳山荘
0600 奥穂山頂 0615
0700 ジャンダルム
0830 天狗のコル
0850 天狗岳
1020 西穂高岳 1050
1320 ロープウェイ乗り場

上高地を出発。河童橋から焼岳が綺麗だった。 いつもと異なり河童橋を西穂側へと渡る。明神,前穂,奥穂が一望のもとに見渡せる。朝の上高地は何度訪れても素晴らしい。
岳沢への登山道に至るまでに素晴らしい景色に遭遇した。朝靄と朝日が織りなす光景にしばし心を奪われた。 岳沢から紀美子平までは重太郎新道を登る。5年前に下ったことはあったが登りは初めてだ。好天に恵まれ,眼下には上高地や焼岳そして乗鞍岳の眺めが広がる。

 

紀美子平からはザックを置いて空身で前穂頂上へ。 前穂頂上からは360°の絶景が広がる。前穂北尾根

 

明神岳 奥穂高岳~西穂高岳の縦走

 

そして槍~奥穂の縦走路と涸沢 紀美子平から吊尾根を奥穂へと歩く。振り返ると前穂北尾根の姿が凛々しい。

 

奥穂山頂からのジャンダルム 12. そして前穂と明神を振り返る

 

穂高岳山荘に着いて夕飯時には珍客が現れた。

 

小屋の裏から。夕刻の陽を浴びたジャンダルムの垂壁が圧倒的だ。 前穂北尾根を背景に本日の我が家。

 

夕暮れの白出沢ルート 夕暮れの前穂北尾根

 

17日朝。寝坊した。常念の肩からの日の出と涸沢の夜明けをテン場から望む まずは奥穂への登り。右手には朝日に照らされゆく笠が望まれる。

 

今日も天気は快晴で朝の眺望は最高。手前に前穂と明神,奥には南アルプスと八ヶ岳,さらに奥に富士山 上高地方面。右手に焼岳,左手に六百山,奥に乗鞍,さらに奥に御岳山

 

北方。涸沢岳,北穂,南岳,大喰岳そして天を突く槍。槍の後方左側には鷲羽,水晶,立山,右側には後立山。 さて,それではいよいよ西穂への稜線へと踏み出す。馬の背を行く人が見える。

 

いきなり最も難所と思われる馬の背が現れる。写真は馬の背からコルへの下り。落ちない方が身のためでしょう。 コルから馬の背を振り返る。フレークを足場にクライムダウンする。

 

奥穂山頂を振り返る。 眼前に迫るロバの耳。飛騨側は険しく切れ落ちている。急斜面を巻いたり信州側にのっこしたりしながら登っていく。

 

聳え立つジャンダルム。 私もクライマーの端くれなので,ジャンダルムへは奥穂側から直登した。初めは飛騨側の垂壁を登るのかと勘違いしてとても無理だと思っていたが,実際は写真 のピーク左側の大きな岩があるところを登った。残置スリングもあったが,お世話にならなくてもよく探すと奥の方にガバがあった。5.6くらいか?直登する ことで少し時間短縮できた。

 

ジャンダルムから来し方を振り返る。手前にロバの耳,奥に奥穂。

 

行く末。コブの頭,西穂。 槍はどこから見ても目を引く。

 

前穂と明神のシルエットが美しい。 コルからジャンダルムを振り返る。西穂側から見ると随分と印象が異なる。

 

天狗のコルへと下っていく。 天狗のコルを過ぎると後半戦。出だしからオーバーハング気味の岩場だったがガバだらけなので鎖のお世話にならずとも登れた。写真は天狗岳への最後の登り。

 

天狗岳山頂から笠ヶ岳 間天のコルで出会った雷鳥の親子

 

アップで 間ノ岳から急なガレ場を下りたりいくつものピークを越えたりしながらようやく西穂高山頂へ。

 

もうおしまいと思ったら大間違いで,ここからがとても長かった。西穂山頂を過ぎてすぐに水が底を尽き,山荘では1L200円をけちったために最後の1時間 は脱水が人体に及ぼす影響を人体実験する羽目に。とても辛いので水は多めに持った方がいいということを改めて思い知った。