2017.02.12 八ヶ岳:醤油樽の滝

今季バイルを新調したという事で久々のアイスクライミング!

今回は八ヶ岳山麓の醤油樽の滝。

噂では登りやすいが迫力があるという。

林道わきに駐車し目的地を目指す。

ほどなく入り口に到着。

 

入口より1時間弱で滝に到着!!さすが迫力がある!

 

久々のアイスなのでNさんにトップロープを張って貰い登る。おもしろい~~!

 

完全に貸し切り状態で、一通り登ったあとは退却。帰り際にはお日様も差してますます楽しく登れそうだった。

2015.08.14~16 滝谷クラック尾根

10年来の憧れだった滝谷へ,仲間に連れて行ってもらいました。

今回登ったのはクラック尾根です。
ルートグレードが3級上,ピッチグレードもIII級が連続することから,正直余裕でしょと思っておりました。
しかしながら開けてびっくり,ガレガレのB沢の下降に神経をすり減らすことに始まり,岩がもろくてホールドがいちいち信用できなかったり,ワイドクラックで奮闘したりと,これぞアルパインという感じでした。
退役クライマーにはかなり厳しく,気力体力ともに出し切りました。

リードしてくれた二人には何から何までお世話になり感謝感謝です。

IMGP0033

14日
上高地→涸沢
雨が降ったりやんだり。
屏風岩を見上げつつ昔の思い出に浸りながら歩く。

IMGP0042

15日
滝谷へ向けて,まずは北穂を目指す。
4時過ぎにスタート。

IMGP0046

小屋で身支度を整え,大キレットへ少し下る。

IMGP0050

ガレたB沢を取付きへ向けて下降する。
枯滝のクライムダウンもあり,何度も帰りたいと思った。

0132_xlarge

B沢を下から。
岩屑が堆積している。
私は遥か後方で影も写っていない。。

IMGP0051

1P登って一旦懸垂下降。この写真の2P目の後リッジに出る。
浮石だらけでとにかく怖くて大変だった。

IMGP0059

3P目 III
珍しく硬くて快適。

IMGP0061

大キレットの縦走路を見上げる。
たくさんの縦走者がいた。 IMGP0062

背後の蒲田川・笠ヶ岳方面

IMGP0066

4P目 III級のはずなのに出だしが急傾斜で大変だった。

IMGP0074

第一尾根を背景に

0181_xlarge

大キレットを縦走する仲間に撮ってもらった。
旧メガネのコルで渋滞待ち。
奥は滝谷第一尾根。

0186_xlarge

旧メガネのコルにて。

IMGP0068

旧メガネのコルからジャンケンクラックを目指して2P。III級のはずなのに,正味5.8くらいのスクイーズチムニーがあって大変だった。

IMGP0076

7P目 ジャンケンクラック左側 IV
右側は残置支点が殆ど無く,大きいサイズのカムを持ち合わせていなかったのでややランナウト。

IMGP0080

大キレットの縦走路をこの角度から眺められるのは,クラック尾根を登った人の特権です。

IMGP0084

最終12ピッチ III

IMGP0086

北穂小屋のすぐ裏に出て終了。
渋滞に捕まったこともあって,終了は16時過ぎになってしまった。
その後ない体力を振り絞って涸沢まで下る。

IMGP0087

16日
気持よく晴れた涸沢から撤収。
今回5年ぶりだったが,次はいつ再訪できるだろうか?

2016.5.29 大台ケ原 千石ぐら「サマーコレクション」

9ピッチ:最高グレード5.10c

参加者:S(会友)&T

やっと念願の「サマーコレクション」を登る事ができた。

1週間前の予報では当日快晴だったが、前日の予報では午後過ぎから崩れそうとのこと。「日本一の多雨地帯の大台ケ原なのでもっと早く崩れるかもしれないね~」「遠くから来ているので、きっと山の神様が登らせてくれるだろう!」と大台ケ原駐車場で入山祝いをしながら色々話し込む。酒もつまみも底を着いた所で車中泊。

AM6:30起床 7:30からの西大台利用調整のレクチャーが始まる。天気崩れるのが不安だったのでギア類を全てつけて講習に望みすぐに動けるようにした。

AM8:00講習終了。出発。今回は先行Pがいたので取り付まで迷うことなくAM9:00到着。

DSC_0486

 

AM10:00登攀開始:先行Pの出立を待ち本日最後の4P目で取り付く。

 

1P目:5.5 35m ノープロテクション。チムニー内を登っていく。DSC_0491-1

 

2P目:5.10b 30m 1P目終了点にかの有名なサマーコレクションのプレートが掲げられていた。やっとあえたぜ~!さてこのピッチ出だしのトラバースがバランシー。しかしボルトがしっかりしているので安心して登りに集中できる。しかし上部のレイバック?気味の所でバランスを崩しフォール。。。まだまだだな~

DSC_049413315480_1049696175104492_8294759978335963692_n

 

3P目:5.10a 47m 個人的にはこの岩場の岩質と形状が伊豆の城山南壁に似ているなと思いながら登攀。丸みを帯びたホールドや時々出てくるポケット。全体的にスラブなところ。50mぎりぎりまで引っ張るので最後の方はロープ重っ・・・

 

4P目:5.10c 15m このルートの核心ピッチ。「なるほど、なるほど~どうしようかな~」スピード重視でA0しちゃえと抜けてしまう。あとから考えたら勿体無かったかなと・・・ところでサマコレの各ピッチの終了点は丁寧に2セットづつ打ってある。これを開拓してくれた方々の心遣いが感じられる。

DSC_0497

 

5P目:5.8 30m 大概の人は4~5P続けて登っているようだが我々はシングル50mだったので4P、5Pと切って登った。個人的には5.8以上にグレードを感じた。

 

6P目:5.7 35m 森の中トラバース。土の上も歩く。ボルトも少なめで靴にドロがつくのでグレード以上に緊張する。

 

7P目:5.8 30m このルートのハイライトピッチ!ハンドトラバース!来る前からどんな所だろうとワクワクしていた。初めは階段右上ランペ。そこから左へハンドトラバース。全体的に霧がかかり始めてきたので残念ながら高度感は楽しめなかったが。ハンドジャムがガッツリきき、足も良く見れば小さいのを拾える。

DSC_0504

 

8P目:5.8 25m 霧雨が降ってきて早く抜けたいと言う気持ちがでてくるが、先行の兵庫労山の山岳会の3パーティのスピードが速いくておいつけない。。。一つの山岳会で「サマコレ」を3パーティー6人を出せるなんて強いな~と感心してしまう。こちらのピッチも作者の「高度感を満喫して!」という意図が感じられるボルト打ちだが完全に霧の中。。。残念~

 

9P目:5.8 30m ついに最終ピッチ。本降りになる前に終わりたいとの思いが神様に通じた様で岩がべチャべチャになる前にPM2:45終了点に到着。途中からアルパインチックな雰囲気でのぼりランナウトしてボルトがほしい~と思った所にしっかりボルトが。ここも作者の配慮が感じられる。最後の最後も「ここで噂のツンデレツンハングか~」と思いながら乗っ越し!終了点にもリッパな看板が。

DSC_0510

 

 

無事に登攀を終え二人とも大満足!!下山は千石尾根~登山道へ。途中ぶなの森と霧の幽玄な雰囲気があたりを包み「これぞ大台ケ原やねー!!」とテンションあげあげで歩く。

 

PM3:40 大台ケ原駐車場に到着。そのとたん雨が本降りになった。

 

2015.10.24瑞牆山:十一面岩奥壁「一粒の麦」

「一粒の麦」 いいクラックルートと聴いてから約2年、やっと登ってくる事が出来た。今回のハイライトピッチはSさんにリード。私は今回楽なピッチだったのでプレッシャーが殆ど無かった。

1P:5.9 私L ワンポイント のクラック

DSC_0240

 

 

2P:5.10b SさんL 素晴しい見栄えのするクラック。大きめカム2セットあった方がいい。5番2つと6番1つほしい。

DSC_0242
3P:5.6 私L アルパインチック。シングルにしたので ロープの流れが。。。

4P:5.6 SさんL チムニー 。ほぼ歩き。

5P:5.10a  私L ルーファイがめんどう。

6P:5.10c SさんL  最初のかぶってるフェイスが核心。そのあとは小川山レイバックのようなきれいなクラックを登る。

DSC_0252

素晴しい天気の中の素晴しい登攀でした。

 

 

DSC_0246

2015.10.24 南紀 熊野川水系小口川 滝本北谷遡行

南紀。

遠い。

ガイド本では大阪からのアプローチが5時間とされている。
熊野川水系小口川源流域。

奈良の五條からR168を十津川沿いに延々と走らせ川の名前が熊野川と変わる
熊野川町日足の集落で県道44号に入り方向感覚がなくなるようなつづら折りの山道を
さらに1時間。
地図を見ただけで単独での山行を想像すると滅入る。

絶悪なアプローチを越えたこの深山幽谷に
平家の落人が隠れ住まっていた。

追手から逃れ逃れてやっとのことで見つけた安住の地に
敗残の彼らを慰めた何かがあるのだろう。

この24日~25日、滝本の北谷と本谷へのお誘いをいただいたとき
単独では足の向ける気がしなかったこの南紀の隠れ谷に行ける千載一遇のチャンスとばかりに
乗ってみた。

【山行実施日】2015年10月24日
【天候】雨のち晴れ。遡行開始時気温:13度
【メンバー】Chanko他4名
【装備】フェルトソール・8x30mロープ

 

23日PM20:00
近鉄喜志の駅でK谷さんとTN崎さんにPick Upしていただき、まずは
富田林のスーパーで買い出し。それぞれめいめいに3日間の酒と糧秣を整える。
五條を過ぎてR168をうねうねと遡り途中2か所ほどダムサイトで休憩を入れながらも
23:30にはBCとする道の駅 瀞狭熊野川に到着した。
ささやかな入山祝いをしているところにAM1:00頃 E崎さんとY中さんが到着。
AM02:00には就寝し、翌朝AM07:00出発として幕中にめいめい潜り込んだ。

夜中、そぼ降るような雨が空気を湿らせる。

翌朝、垂れこめた低い雲が空に乳白色の幕をかけていた。
すっきりしない天気ではあるが崩れる予報ではないので朝食のあとBCを撤収しまずとにかく
出発。日足集落手前から県道44号にのり延々と1車線の道路を小口川に沿って走る。
1時間で滝本の集落についた。

廃校になった滝本小学校と発電所の中間点当たりの5~6台は止められる駐車地に車を止め
身支度を整える。

08:30頃、駐車地を出発

アプローチの道沿いは秋の気配

夢のあと

引土橋の手前から小学校のわきを抜け、林道に入るが、林道は荒れており車両通行止め。
時折大きな崩壊が迫ってきている。

40分ほどで林道の終点になるが、すぐに大釜を従えた筆藪の滝が眼前に。

K谷さんは釜を泳いで滝身の右側に取り付く。
私は釜を大きく右から回り込み左岸の側壁をトラバースしてとりつく。
中段のテラスに乗り込んでから後続を肩がらみで引き上げる。

K谷さんも上がってきたのだがここからが悪い。
ロープを出してTN崎さんがTOPで突破しK谷さんが続く。
私もロープを出してE崎さんを確保。E崎さんに突破をお願いする。
E崎さんの突破を待って中間八の字でY中さんが続く。
私はラストで回収しながらなんとか落ち口チョイ上にたどり着いた。
ここでいきなり1時間かけてしまった。

乗り越してしばらくは巨石に苔むしたゴーロが続く

やがて本流が大きく右に曲がるその正面に越前谷から落ちる猿手滝がかかる。

本流にかかる部屋滝は両岸を険しい側壁に囲まれた瀑布でまったく手が出ない。
巻きあがる前にしたから釜の前まで出て様子をうかがう。

猿手滝手前まで戻り本流右岸を巻きあがる

と、ナメに飛び出した。

うねるような変化がある、美しく楽しいナメの感触を楽しみながらひたひたと歩む。

そろそろ日が差してきて右岸の側壁が青空を指すさまも雄々しく見えるころに

さらり、とろりと流れる溜湾殿滝。
釜の淵で昼食とする。

昼食を終え、溜湾殿滝を左岸から小巻にあがる

苔むした取水口の跡を左岸に見る。

ゴーロ帯のインゼルを辿りながら進むと見事なケヤキ原滝が現れた。30m。

ついさっき昼食を取ったばかりなのにまた一本立てる一行・・・・
右岸を巻きあがる
ちょっとしたナメのあとすぐに屏風滝。浸食された釜の深さに驚く。

右岸の踏みあとを巻きあがり

再びナメのあと

亀壺の滝

左岸から巻きあがった上が再びナメ。

側壁は早くも傾き始めた陽に照らされてきた

長い長いナメをひた歩むと

やがて遡行終了点の取水堰に行き当たる。

ここでコーヒーブレイク

午前中の雲はすっかり消え、明日に期待を持たせるような秋の青空が高く広がる。

この取水堰からは水路の上の巡視道を行き、南側の尾根を乗り越し

ホタバ谷に沿って再び水路の出口わきに飛び出す。
この出口が滝本本谷の出合いとなるのだ。

本谷を下降しながら左岸の踏みあとを辿ると
分岐の案内表示が出る。

大べら上道方面に本谷川を渡り本谷右岸に沿った踏みあとを辿りながら
ナメラゴ滝上の巡視道を伝い下山。

これがかなりわかりにくかった。
途中から踏みあとが消え、本来であれば本谷の燈明滝を巻き下ってから再び降渓し平維盛住居跡すぐ下
右岸の発電取水口から再び整備された巡視道に入るのだが、我々は不明瞭な斜面でのいやらしいトラバースを続け陽も暮れかけたころに本谷のコッペ滝右岸斜面から、ようやっと20mほど眼下に巡視道を見つけることになった。

結局、きれいで歩きやすい道ではあるが
予定外のヘッデン下山となってしまった。
ともあれ、美瀑・豪瀑とナメが連なり変化にとんだ南紀の渓をこころゆくまで満喫。

南紀、侮りがたし。

山の神様、ありがとうございます。

 

2015.10.11 台高 宮川水系 大熊谷第2支流(東俣谷)遡行 

9月から大阪のとある沢登り専門(?)の山岳会の山行に出入りするようになっている。

これから先も長く沢を愉しんでいこうということになると、当然今の自分の技術レベルのブラッシュアップも必要だしそれ以前に自分自身の技量を客観的な評価に照らしていくことが必要ではないかと常々考えてはいた。今回はその会の方々と初めて沢に入ることとなった。

「台高の東俣谷」という連絡があったのは10月7日だった。
ガイド本に載っていない谷の名前なのでスマホで検索して記録を当たってみると
KU会と「さわナビ」の記録ぐらいで遡行記録は検索結果の1P目くらいしかない。
しかしながら、かの「さわナビ」では

『2本の大滝には絶妙の巻き道が付けられているがそれ以外の場所は両岸高い壁でルート取りを間違うと厳しいものがある。それと前半に出てくる2段30M滝は下段は登れても必ず先で詰まるので最初から無理せず巻いたほうが無難だろう。遡行難度は2級+程度だが台高らしさを遺憾なく発揮しており、お勧め度は最上位に値する名渓だと思う。』とある

お勧め度、最上位。

沢の味わいを酸いも甘いも嚙み分けた、あのさわナビの管理人 亀さんをして
こうも言わせる秘めたる魅力に否が応でも期待は高まる。

10月10日夜22時、子供たちを塾に迎えにゆき自宅で下すと

渓道楽親父はそのまま車を一路集合地へ走らせる。
今回ご一緒する YS田さんとYN田さんはすでに集合地点である
カラスキ谷公園駐車場で小宴の最中であろう。
自宅のある大阪は八尾から近畿道⁻南阪奈道を経て166号で高見山をくぐり三重の飯高町に入る。
栃川で422号に入り湯谷川沿いに走る。
栗谷口で鋭角に転じ宮川沿いに遡ること20分、
カラスキ谷公園駐車場には0:20頃に到着した。
丁度YS田さんとYN田さんは車中泊の準備をされていた。
公園駐車場は他の登山者と思しき車も含めいっぱいになっていた。
※このパーティが関西の沢では高名響く『R畑さん(囲炉裏)』のパーティだと翌朝知った。

なにはさて、私もYN田さんの車の後ろに駐車させていただき
車中泊の準備整え入山祝いの一献。

後ろのハッチを開け、しとしととした秋雨のまとわりつくような冷気に
身を清める思いで静かに盃を重ねた。

翌朝は明け方まで昨夜からの雨は少し残っていたが、眼前の宮川には増水も濁りもなく
まったくの平常コンディションと思われる。

 

【山行実施日】2015年10月11日
【天候】雨のち曇り。遡行開始時気温:覚えてません
【メンバー】Chanko,YS田さん(他会)、YN田さん(他会)
【装備】フェルトソール・8x30mロープ

朝食を済ませると、私の車は駐車場に置いたまま
YS田さん車とYN田さん車で一本西にある水谷に沿った八知山林道のCo520の橋まで車を一台
デポしに上がった。

YN田さん車をデポし、YS田さん車で入渓点へ。

入渓点対岸が即駐車場。
まったく無駄がないアプローチ。

渓に入るとのっけから小滝が連続する。

くの字2段15mは水線右を快適に

2段30mはツボすぐ右岸から木の根をつかみながら簡単に巻く

やげて見えるは不動滝2段60m

左岸を巻く。わかりやすい。落ち口の高さで左にトラバースする踏みあとを拾うと
ドンピシャで落ち口に。

まるで、真っ白な宇宙に水が吸い込まれていくような不思議な光景。

20分ほどで次の大滝、夢幻滝3段50m。

右岸ルンゼより巻く。
途中1手2手がすこしいやらしいが
抜けて右へトラバースするとこれもドンピシャ落ち口である。
YS田さんと『巻きまでムダなしとは、この渓、恐れ入った!』と笑う。

滝上しばらく開けた自然林の疎林だが
ほどなく両岸が立ってきて高い嵓に押しつぶされたような廊下に入る。
廊下の奥には見事な巨岩がインゼルのようにはさまったチョックストーン滝が落ちていた。

右手から落ちる滝の滝身右手を苔に注意しながら登り

滝上に出る。

山仕事の小屋跡がありCo540の二股で左股を選ぶ。
苔はさらに深く、鮮やかな緑

源頭の趣を感じさせる渓を歩く

水枯れ寸前のゴーロで一本立てる。
上に白く見えるのが、路肩が崩れた林道。

入渓3時間で林道へ退渓。Co850

Co885あたりで林道をはずし
南東へ流れる尾根芯を拾いながらつづら折りになった林道のショートカットを狙う。
270mを下る。

退渓から1時間ほどで車をデポした水谷橋へ。

車をデポすることで長い長い林道歩きの必要もなく
入渓から退渓までコンパクトな中にぎっしりと楽しく美しい要素が詰まった渓でした。

紅葉はまだ走りでしたが深まった時にもう一度来たい。

それだけではなく、新緑の頃、シーズン前の足慣らしにぴったりですね。

しみじみ、良い渓でした。

山の神様、ありがとうございます。

 

2015.09.19~09.22 大峰 北山川水系前鬼川孔雀又谷右俣遡行~明星ヶ岳(後編)

アメシ谷下の右岸に張ったツェルトの下で目覚めると既に下手の幕場にビバークしていた
4人パーティの炊煙が立っていた。6時半。

のそっと起き出して焚火の燠を起こす。

昨夜の残りメシに味噌を放り込み、沢水でゆるくして雑炊のようにして温める。

梅干しをしゃぶりながらもそもそ食べていると、下のパーティが

「おさきに」と上がっていった。

ツェルトをたたみながら見上げた空は高曇り。

風はない。

暑くも寒くもない快適な気温。

ツェルトとシュラフをたたんでザックに押し込み、まだ冷たい靴下を

焚火にあてて温めているうちに、マットの上で寝入ってしまった。

再び目が覚めたのは8時(笑)

こりゃさすがにいかんな。

こんどはそそくさと荷をまとめ、装束を整えて出かける。

いくつかの小滝をやりすごしながら進むと谷の両岸はやがて高い嵓が目立ち始め
大きな滝の予感を漂わせる。

15mないが、なかなかに立派な滝が行く手をふさいだ。
滝身左手のブッシュのコンタクトラインを登れなくもないが
右岸にすぐ階段状のルンゼが落ちているので、狭いとこ好きな私は
迷わずこのルンゼを登って巻く。

続いて、20mほどはある立ったナメ滝

滝身周辺は手が付けられないので、これまた右岸のルンゼに活路を求める。
このルンゼは落ち口チョイ下くらいの高さで右手からガレを入れている。
このガレに転じてから小尾根のようになった地形を乗り越すと、容易に滝上に出た。
緩い斜面にミズナラやブナ、ヒメシャラが茂る明るい林。

右手に見える沢床は傾斜を増して巨石が積み重なっている。
重荷背負ってボルダーをウロウロするのも煩わしく、巻いたままの斜面を
トラバースしながら高度を上げてゆくことにした。

階段状30mに差し掛かる手前で谷は伏流の様相を見せ始める。
ここで、詰めに備えペチャポリに水を満たす。
やがて見えた階段状30mは快適。

ぬめりにだけ気を付けながらワシワシと登ってゆくと
規模の大きな崩壊地に飛び出す。
右岸からも左岸からもかなり大規模にガレが押し出してきている。

日が差してきて白い岩肌に反射する。暑いくらいだ。
最後に40mが見えた時には少し日が陰ってきていた。
この滝は「枯滝」とガイドブックに書かれていたが

あれ?

しみ出し以上に水が流れている。

乾いたリッジ状を選んで登る。先ほどより少し立っているが、手足豊富。

最後は水枯れを確認し、左岸の尾根からさらにもう一つ向こうの尾根に
トラバースし、

退渓、詰めに入る。
ふか、ふか、とした苔が足に優しい・・・・

ひと登りして12:30、孔雀岳北の稜線上、奥駆道に抜けた。

霧が濃くなっている。風は緩やかで、かえってこの霧を幽玄に漂わせる演出
まずは1本立てる。旨い。

大休止しながら装束を解き、トレッキングシューズに履き替える。
さて。
本当は昼前にここに抜けて今夜は狼平、と決めていたのだが
時間も2時間押し、それに意外と疲れてしまったのと、なんだか股ズレが痛くて
そんなこんなでかなりめんどくさくなったので
時間は早いが、ここから北に一番近い楊子ヶ宿小屋で泊に予定を変更することにした。

14:30に到着した小屋は非常にきれいな小屋であった。
私が入った時には先行は1名。この小屋と行者、狼平らの3つの無人小屋を
ボランティアで月に一度整備して回っている横田さんが入っておられた。
やがて三々五々と登山者が集まってきた。

単独者同士の静かな語らいと、鹿の鳴き声、ろうそくの炎のかすかな揺らぎ。
小キジを撃ちに外に出ると、雲が切れた空は張り詰めた空気をまとい
漆黒のスクリーンに満天の星をちりばめていた。

流れ星、ひとつ、ふたつ。

残った酒を干しシュラフに潜り込む。

夜が明けた。

昨日の時点で、今日、明星ヶ岳から天川河合に降りる腹で居たので
朝をまったりと過ごすことにした。

宿泊者はそれぞれに小屋を後にする。

お世話になった同宿の方々と。

ありがとうございました。

私は少し残って、預かったごみを小屋前のファイヤープレイスで燃やして処理する役を
買って出た。

朝露がさわやかに輝いてるうちに稜線を歩き出す。

七面山南壁が見える。

秋の空は高いなぁ。

お。迷平

明星ケ岳手前で東側からガスが上がってきた。

ガスで眺望がないことを嫌う人も多いだろうが
私はガスあってこその大峰だと思っている。
てか、ガスのない大峰なんて、大峰じゃない。

明星ヶ岳を西側から巻き、弥山辻からよく整備されたレンゲ道を
ゆるゆると下る。
奥駆道が修験の道であるなら、このレンゲ道はかつてこの背骨のような山脈を
横断する生活の道であった。

シラビソの南限となる学術的に貴重な樹林帯でそうです。

標高を下げると、どこか人懐かしい雑木林の趣に。

山道はやがて崩壊した坪ノ内林道に沿って下り
門前山から一気に河合の集落に駆け下る。
役場の上手の橋を渡り

短い旅は、終わった。

洞川温泉に立ち寄り、旅の垢を落とした後

アメノウオで旅の余韻に浸った。

大峰の奥深さに、しみじみ、魅了された旅となった。

山の神様

ありがとうございます。

2015.09.19~09.22 大峰 北山川水系前鬼川孔雀又谷右俣遡行~明星ヶ岳(前編)

旅。

沢をたどり
稜線を歩き
嶺の向こう側へ抜ける。

山並に隔絶された此方と彼方を自らの足で結ぶ。

縦走ではなく、登攀ではなく。

旅。

旅がしたかった。
幕営装備を担ぎ、短くはあるが山中にかりそめの庵を結びながら「山で生きる」ことの
実践に、私は私なりに登山行為の意義をみる。

年内にとれるまとまった休みとしては最後だった。
冒頭で述べたようなスタイルの山旅は、単独の場合車のデポなどできないので
当然公共交通機関になる。

公共交通機関でのアプローチが悪い北山川水系をターゲットに大峰を西に越えるという
ルートを取るなら、このシルバーウィークが最後のチャンスであった。

直前まで池原まで足を延ばし、池郷本谷上部まで分け入り嫁越~西へ下って滝川赤井谷を千丈平か
迷っていた。

最後はガイド本のグレードで決めたというのもなんだか俗っぽいが
この際だから中級と目される沢をきちんとやっておこうとの思いから前鬼川に。
それに巷間で噂の前鬼ブルーは是非に見ておきたい。

【山行実施日】2015年9月19日(前夜発)~9月22日
【天候】晴れ(20日)。遡行開始時気温:覚えてません
【メンバー】Chanko,単独
【装備】フェルトソール・8x30mロープ・三つ道具

藤井寺から近鉄で上市へ。
30分ほどの待ち時間で大淀バスセンターから数人のおばあちゃんを乗せた小さなバスが
とことこやってきた。
16時半。好天の一日は赤い夕陽の最後っ屁で山を照らしながら暮れゆく気配を匂わせる。
のんびりとしたおばあちゃんたちの会話を車内に漂わせ
バスは川沿いの国道169をすすむ。
杉の湯で長い休みをとったあとふたたび下桑原方面へ動き出したバスは
18時40分頃に前鬼口のバス停で私を降ろした。私は、最後の客であった。

林道入り口の「かどや」の軒先に灯るすすけた明かり以外の灯はない。

ヘッデンをつけて、ここからとにかくできるだけ入渓点に近いところまで今夜は進み
幕とすることにした。

ときおりテンが闖入者の様子を伺いにちろちろと遊びに来る。

1時間半あるいただろうか。
不動滝への降り口を分けてすこし上に行ったあたりに
焚火が見えた。
ちょっとほっとしたし、焚火があるということは適地なんだろう、面倒だし畳一枚分でも
スペースがあれば同宿お願いしようと近づいて声をかけた。
※びっくりさせてごめんなさい

林道の谷側に張り出した台地状の駐車スペースに車を停めて焚き火を肴にしていた二人の男性のご厚意に甘え焚き火に当たらせていただき、ビールをご馳走になった。

揺らめく炎

満天の星空

W田さんとK下さんは大峰の溪をあちこち渡り歩き写真を撮るのがご趣味。
この日も滝川から転戦し明日前鬼に入られると。
往年の凄腕クライマーであるW田さんと山談義、
大峰の沢を釣り歩いているK下さんとの釣り談義に花が咲き
気付くともう午前0時を回ろうとしていた。

風上側に車を置いた焚き火との間に
寝床をしつらえさせていただいた。
降ることはない。幕は要らない。
満天の星空が天幕。

滝の音がゆっくりと遠くなっていった。

翌朝目覚めると空高くうろこ雲が遊弋していた。
気温もさして低くない。絶好の沢日和か

御二方はまだ車の中で眠っているようだ。
一宿のお礼に先ずは焚火の熾きを目覚めさせる。

ほどなく車から出てきたW田さん、K下さんとお茶を飲んで一服してから、先に泊地を辞した。
お世話になりました。
ありがとうございます。

黒谷出合上部の入渓点まで林道をたどる。
どうどうと流れ落ちる不動七重の滝下部を望む。

整えられた林道終点がちょうど入渓点であった。

沢床に降りてみたが、まぁ
あまりぱっとしない。

沢支度を整え、清冽な水を手水に浄め、いつもの儀式
2礼2拍手1礼

山の神様、今回も無事に実りある山行ができますよう、御見守りください。

黒谷をまずは降渓する。本流の出合まではすぐだ。

エメラルドの輝く流れを漫歩する。

渓は麦に大きく向きを変え、そのとば口に2段10mが懸かる。

右手から簡単に登ることはできる様だ。
ただ、この落ち口で左岸から右岸への渡渉があるという。問題は水量と水勢だが・・・・
しばし思案しているとW田さんとK下さんが追い付いてこられた。
W田さんの見立てでは本日の水量では落ち口渡渉はリスク高いので
すこしもどった左岸から巻き上がるという。
わたしもご一緒させていただいた。

巻道は左岸の泥付ルンゼの右岸に「これか・・・?」と思しき踏み跡があったが
登りきる手前で崩れており腐った倒木が浮いている。
「こりゃぁ嫌らしくなっちゃったもんだなぁ・・・」と
W田さんがロープを引いて先行しK下さんを確保してあげたあと、
私はW田さんがしっかりした灌木にワンポイントでかけてくれたスリングを掴んで重荷を
背負った体を引き上げた。

左手に滝の落ち口を見ながら巻いていくと
「なぜわざわざ落ち口で渡渉するか??」という理由がよく分かった。
滝の右手岩場を這い上がったところですぐに立った岩場に阻まれその先が淵となっている。
抜けても岸が絶妙にナメており足場が悪い。対してあちら側の右岸はまだ足元がマシである。
問題はやはり渡渉ポイントの水勢と、沢床がナメているので下手をすると水に持ってかれて
しまうことだろう。

巻いた先の急斜面をちょっとした懸垂下降で降りて沢床復帰。いずれにしてもこちら側は
ナメた傾斜のある岩盤なので右岸に渡渉をするのだがひざ下程度の渡渉で済むので落ち口よりは
遥かに安全だ。

わたり切って上流を見ると左にカーブしながら渓は極上のナメを連ねる。

ここで、この極上のナメでの撮影をお目当てにやってきた御二方とは再びお別れし、
私はさらに歩みを進める。

ありがとうございました。

栃の実が、ポットホールの中で踊っている。
実りの季節を感じる。

やがて右岸から三重滝の合流点が見えるあたり、あまたの湧水が本流に合わさる光景は
壮観である。

湧水の清冽さに現れながら左岸をたどると三重の滝に上る登山道と合わさり
垢離取場に導かれた。

一本立てながら、沢日和のお恵みに深く感謝。
淵に身を沈め拝む。

深仙谷を分けると目の前に五百羅漢を従えて神座とも言うべき岩塔がそびえていた。

夜になると神様が戻ってくるのだろう。
そろそろ幕場を探すことにしよう。
Co880で孔雀又左谷を分けてからすぐに植林小屋跡が右岸にありその
すこし上に聖地が必要ないくらいのおあつらえ向きな台地があった。
すぐ上手に大きな岩があり、夜半の沢嵐も避けられるうえ
後背は傾斜の緩い斜面になっている。
沢床からは1m以上の高さもあり薪も周囲には豊富だ。
ここまで実際は思ったよりも時間がかかってしまった。

先ずは薪を集め、幕を張る。

一服

飯を炊く

シンプルで贅沢な時間が流れてゆく。

独り
吾れ渓中に在り。

2015.08.15 鈴鹿 杉峠~神崎川源流~雨乞岳/イブネ ハイキング

 

この日は鈴鹿の竜ヶ岳を源に東へ流れ出す員弁川のその源流に当たる蛇谷を遡行するつもりで早朝に八尾の自宅を出た。

ものの・・・

名阪国道を走っているうちに、なんとなくモチベーションが下がっていくのを感じて、入渓しようかどうしようか迷ってしまった。

というより、こういうときに無理に計画通りのことを運んで碌なことになったためしがない。亀山を過ぎて東名阪に乗った時に今日は沢はやめて以前から気になっていたイブネにハイキングに行こうと腹を決めた。

 

朝明渓谷駐車場より川を渡り出発。Co455
青空に映える清水
伊勢谷小屋を過ぎてCo520で林道は分かれ、直進は中峠方面へ。
根の平峠へは左へ。
このあたりで舗装路は終了する
ほどなく旧林道の渡渉点
天高く
渡渉せずに左岸につけられた登山道を沢沿いにあるく。
堰堤左岸に飛び出す。
堰堤上はゴーロ。赤ペンキに導かれて右岸へ。
気持ち良い木陰を淡々と登り、50分弱で根の平峠につく。
根の平峠の西側はシダ類の茂る緩やかな斜面。東面と打って変わり明るい疎林。
タケ谷出会いへと降りる沢型に沿って降りる
Co780で上水晶谷へと転ずる
森の養分豊かな、清水が現れた
上水晶谷。
冷たい水を補給。
コクイ谷方面へ
神崎川本渓の源流部に沿う。快適そうな幕場が広がる。
秋はこのあたりで泊もよろしいかな。
このあとコクイ谷出合は通行不可のため2回の渡渉で迂回。

御池鉱山跡。銅の採掘が主であったようだ。
このあたりの鉱山は江戸時代
から存在したが、明治から昭和の時代には大平鉱山、コクイ鉱山、高昌鉱山、オゾ鉱山などあ
り、黄鉄鋼や磁流鉄鋼、閃亜鉛鉱、マンガン、銅などを掘削していたとされる。

御池鉱山跡の幕適地

往時の賑わいを忍ばせる集落の遺構がそこかしこに。
かつてここで産出された鉱石は、ここまでたどってきた旧千草街道を根の平峠を越え朝明、四日市方面に運搬されていたという。
枯れた大きな杉が見える。
今も昔も旅人の目印か。杉峠。
その昔、ここには茶屋があったとか。

峠の木陰で一服。至福の時間。
予想よりも早く着いたので、雨乞へ寄り道。
古くから雨乞信仰の対象とされ、下流域の農民が山頂付近にある大峠池に登拝していたことが山名の由来となっている
西に、東近江市方面を望む
イブネを望む気持ち良い稜線。ゆっくりと雲が流れる。
ススキの穂が伸び始めた。アキアカネも飛び交い、秋の足音。
杉峠から北に転じ、杉峠の頭へ。

杉峠の頭

佐目峠からヒトのぼりで

イブネ到着。

広々とした台地を漫歩。時折涼しい風が渡る。クラシへ向け北に転ず

苔の敷き詰められた緑のじゅうたん

クラシは藪のなか。。。。。
イブネに戻り昼食。
行動食はシンプルに、梅干しと白飯のおにぎり。

旧千草街道の歴史ロマンにひたる素晴らしい山路であった。

※難路なし。上水晶谷から御池鉱山に至る迂回渡渉箇所付近、および杉峠よりイブネに至るCo1121地点から佐目峠への踏路はテープ間隔広く注意要す。
飲料水確保は御池鉱山跡付近まで沢水で可。

2015.08.02 鈴鹿西面 野洲川水系 元越谷遡行

朋の遠方より来る
亦た、うれしからずや。

東京の岳友さんと、昨年白毛門をご一緒した先輩が関西に来られるとのことで
なれば灼熱地獄の関西でせめてひと時の涼を共に過ごしましょうということになった。
お二人とも山岳登攀をやっておられ、記録などで技量の把握はできている。

先輩はお仕事で出張帰りの山行になるので、なるべく帰路新幹線の駅に立ち寄りやすく
お疲れの体をいやせる遡行がよいな・・・
私も先週は東京での出張で廃人になりかけだし、とっぷり水に浸かって重力からの解放感が得られる
ルートがよいか・・・

で。
今回も鈴鹿に。
西面の美渓、元越谷である。
遡行時間もわりに短く、途中焚火休憩などする時間もとれそうだ。
せっかくだから久しぶりの「沢そうめん」を楽しんでいただくことにしよう!

【山行実施日】2015年8月2日
【天候】スカッ晴れ。遡行開始時気温:クソアツ
【メンバー】Chanko、S先輩、Akiさん
【装備】フェルトソール・8x30mロープ

前夜、JR久宝寺駅で待ち合わせ、2時間ほど車を走らせてR1は滋賀県土山町の道の駅の駐車場へ。
早速、入山祝いの宴会を軽く。
少し蒸すが雨の気配はないので、お二方には車中でお休みいただき、私は車の外にマットを広げ
ゴロ寝する。

翌朝は5時半に出発。
鈴鹿スカイラインをちょっと行き過ぎるハプニングもあったが、もどって大河原橋から2~3分入った
林道の脇に車を止めて準備。
40分ほどの林道歩きを。

林道が大きく左にヘアピンを切る手前で赤テープに導かれ沢床に降りる。

澄んだ水。

沢装束を整えて

出発しましょう。

へつったり

およいだり

思い思いに楽しみながら

渓が右に大きく曲がった場所で

この先の堰堤を左岸から巻く。

と、あっけなく15m滝が現れた。

水線右にラインを求めるが
思いのほかヌメリがあり、中段から上がけっこう細かいので

直登はあきらめ、左岸のガレルンゼから巻きました。

その後は、水量、水勢こそ2週間前の赤坂谷に軍配が上がるものの

心潤う風景が続く。

狭いところ、好きです。

快適なのぼりが続く。

先輩のうれしそうな笑顔。
喜んでもらえて、本当に良かった。

詰めのを少しはやく右岸の尾根にのってしまったので
飛び出したのは

この崩壊地。
眺めは良いからまあええか。
稜線上のザレと藪のコンタクトラインに足跡が残っている。
けっこうみんなやっちゃってるみたいww

まぁ、このまま見通しやすい稜線通しなので楽と言えば楽ですが。

そんなわけで稜線の縦走路に20分ほどで飛び出しました。11:00。
暑さを避けて早めの行動開始にしたのがよかったが、稜線上は無風で照りつける日差しにうんざり。

水沢峠から沢通しに下降して、Co720の広い出合で昼飯にする。
焚火を起こしましょうね。

最近は携行に便利なつゆが売ってて重宝しますな。

ちゃっ、ちゃっ とな。

水が旨いと、そうめんもウマイ!

これも旨い水、山の恵み。

気心知れた仲間と楽しむ山行も、たまにはよいものですね!

山の神様、龍神様
今回も受け入れていただき
ありがとうございます。

東京都勤労者山岳連盟