2020.7.12 尾瀬:中ノ岐沢小淵沢

メンバー:T君、S姉、Iさん(会外)、T

梅雨の合間を縫い小淵沢へ行ってきました。大清水から林道をひたすら歩き、登山道へ。

1:20で入渓点、準備を始める。

小淵沢は癒しの沢と言われてると聞いた通り、ナメの連続で楽しい!

一応梅雨で水量も多いはずなので「安全第一」をモットーにチョットしたところでもお助け紐やロープを出す。

最後の直滝10mは右から巻く。

後は東北の沢らしく緩やかな遡行で13:10無事登山道に出た。

2020.6.27 丹沢:中川川水系モロクボ沢

メンバー:Iさん、T君、Aさん(会外)、T

コロナでブランクがあり久しぶりの山行、とりあえず感を取り戻すべく西丹沢にやってきた!入渓点まで歩く。

初めての沢!!!Iさんがんばる~!靴が気に入らないと嘆きながら意外とシッカリついていく。すごい~

しかし山はいいね~~~!核心の大滝を巻きどんどんナメを登っていく!

最後の詰め!尾根を上がり登山道へ~

無事畔が丸までたどり着きました。

あとは一般道を下山。無事に西丹沢自然教室へ!

2019.12.14-15 八ヶ岳:ジョウゴ沢・裏同心ルンゼ

メンバー:T君、Iさん、Nさん(会友)、Tさん(他会)、T記録

当初はテント泊予定、しかし非常に寒くひよって赤岳鉱泉素泊まりにしてしまった。。。アイスキャンディは発達途中!

一日目はジョウゴ沢で遊ぶ予定だったが満員御礼。1Pの小さい滝と支沢の方へ眼を向け適当に遊ぶ。

くだりは懸垂。自炊場所の確保の為早めの行動!(といいながらビールが目的…)

赤岳鉱泉生ビールで乾杯~本日はお疲れ様でした!!!(ほぼ何もしていないが…)

二日目は裏同心ルンゼへ、こちらの取りつきも昨日同様満員御礼!

今回は初アイスのT君もリード練習!

最後の滝に到着!どんどん登っていきツメて大同心が大迫力!非常に充実した山行だった。

2019.11.16 妙義山:星穴新道

メンバー:Iさん、T君、Tさん(他会)、T

いつか行ってみたかった星穴新道!やっとcomplete出来ました!

前夜発だったので宴会が長引き寝過ごし…既に駐車場は一杯。二日酔いが残る中8:30出発。

一般道ではないので注意書きの看板。楽しみ~

黄色いペンキに引きずられ星穴新道突入!

切れた鎖を横目に懸垂。そしてさびた鎖を頼りに頂上へ!

無事頂上へ!ハイチーズ!

さてこれからもう一つのアトラクション!空中懸垂!!!

降りた所には大きな穴が。。。そしてもう一回懸垂し一般道を通り妙義神社駐車場へ下山。

2019.09.28 錫杖岳:見張り塔からずっと

さてさてこれも宿題になっていた「見張り塔からずっと」をうちの若手エースの一人と行ってきた。このルートはすごい知り合いの12クライマーたちがビバークするのが普通という「ルーファイ&スピード&精神力」のルートだ。事前の予習はしっかりと、AR君とも入念に段取りを打合せし出発。もちろん出発はヘッデン出発。下山の負荷を減らすために。夜が明けてくるころ錫杖前衛壁の姿が見える。

今日は天気があまり持たないとの予報(今シーズンの週末は特に天気が悪い。。。)見慣れた錫杖沢を左手にどんどん前衛壁方面へと登っていく。AR君に将来登攀するであろう注文の多い料理店の取りつきなどを説明し「見張り塔からずっと」のとりつきへ。

はじめの三ピッチは階段状。重いけどB会のMTさんがいう「W60m持ってった方がいいよ~」というアドバイスのおかげでガンガン引っ張っていく。伸ばせるだけ伸ばせるので重いがあとが後が楽。

今回も色々な情報収集が役に立つ。B会→P会への12クライマーの(心)さんが「はじめは余裕なのでかましてたら後で大変な思いをした」というのを思い出しスピードを上げる。出来るだけのばしまくって下部ピッチを抜ける。

途中一時ロープをかたずけ歩き。多分これであろう尾根を越えると噂の大洞窟が!!(霧の向こう)

これか~核心と言われるピッチは~!大洞窟の左側を登る。手掛かりはあるが濡れてる。。。こわい~!恐怖心と闘いながらスモールカムを決め登る。 ひいひいぜいぜい言いながら登りましたが、フォローのAR君は余裕。。。わかいっていいな~~~ 。その次のピッチのトラバースもかなり痺れました。

最終ピッチ。雨が降ってきて右のクラック、真ん中のクラック、左のルンゼという選択肢がありました。が、安全を考え左のルンゼを。あとで見返すと真ん中のクラックが正当ルートかと思われました。

さてここからは本峰&ピッケル&錫杖見つけに参ります。結局本峰は藪に閉ざされいけません。山頂のピッケルと錫杖は小雨の中何とか見つけました。

とりあえず抜けたのは13:00。予定よりは早く行動出来てる。さっさと下山。ルートには基本赤布が巻いてあるが藪深く・沢荒れていてわかりにくい。

何とかかんとか無事錫杖沢出合につき一息。朝にテントを張ってた人達はもういない。何とか槍見温泉の駐車場までヘッデンなしで帰還できました。

2019.09.01 谷川岳:幽ノ沢V字状岩壁右ルート

谷川岳幽ノ沢。一ノ蔵と違いイメージ的に玄人好みのする谷川岳の岩壁。今回初めて幽ノ沢の入門向けと言われるV右に行ってきました。朝4:00起床。ロープウェイ駅駐車場を幽ノ沢出合へ歩いていく。一ノ蔵にはまだ雪渓が。。。

幽ノ沢出合までつく。ここからは一級程度の沢登り!楽しい!

幽ノ沢名物?カールボーデンが見えてくる。こちらももくもくと登っていく。

さてカールボーデンの後半からは傾斜がきつくなっていくのでロープを出す。

全体的に湿っており、やはり谷川岳っぽい。。。

どんどんピッチを上げていきます。カールボーデンが下に綺麗に見える!

途中ぽつぽつと雨が降ってきたが何とか終了点まで到達。その後の石楠花尾根も念のためダブルロープを一本だけつかい堅炭尾根に抜ける。

堅炭尾根!!!さすが点線ルート。。。全く整備が出来てなく意外と悪戦苦闘し下山。(アプローチシューズで乾いた岩で滑るのが訳が分からんかった。。。)

何とか沢まで到着!やっと一服。

あと沢を下り林道に出る。昔国道の林道は完全に崩壊し自然に帰る途中。

帰りの林道にはアカヤマドリが頭を出していた!

2019.08.24~25 槍ヶ岳西稜上部(小槍~曾孫槍~孫槍~大槍)

参加者:TK、AR、TN、TH 記録TK

停滞前線が微妙な中、ワンチャン狙いで小槍に行ってきた。今回も以前と同じく新穂高温泉アプローチ。6:40出発。槍平小屋に10:20到着。

そのまま順調に登り飛騨乗越へ。やはりガス多い。

飛騨乗越へ着くと対面の常念などが良く見えた。槍ヶ岳山荘では大槍がしっかり出迎えてくれた。

2日目朝4:30起床。起きたら霧で何も見えない。明け方に雨も降ったみたいでギリギリまで出発を待つ。時折霧の間から大槍が見える。

7:00天気予報では霧のち晴れなのでとりあえず出撃!

小槍のとりつきへ向かう。

今回は結構濡れているので右ルートから小槍へ。

小槍の頂上では定番の~~~!TKさんの生クラリネット演奏でアルペン踊りを~。

後は懸垂して、曾孫槍~孫槍~大槍へ。(小槍かっこいい~。)

頂上では概念図をみんなで表現!

その後はダッシュで新穂高温泉へ~。無事に明るいうちに到着できました。

2019.08.10~12 滝谷ドーム中央稜

参加者:AR、TN、記録TK

計画しても雨にたたられなかなか行けない滝谷ドーム中央稜。やっと行くことが出来た。

1日目は上高地から涸沢まで。久々のテン泊装備で体がきしむ。途中の横尾では長野県警の人が入山チェックしていた。

涸沢からは若者二人に置いていかれたが、一応コースタイム内の涸沢に到着。テントを張る。その後は毎度のごとくビール!汗をかいた後のビールはおいしい!

2日目5:00出発。涸沢~北穂東稜経由~滝谷ドーム中央稜~涸沢の予定。モルゲンロートがキレイ!

北穂東稜への入り口を確認。要所要所でケルンがありわかり易い。

さて一つ目のアトラクション「北穂東稜」。先行パーティもいたので景色を楽しみながら登る。またいつかは行くであろう「前穂北尾根」をバックに。

雲一つない天気で360°絶景なので非常に気持ちがいい~!

ゴジラの背もフリーで超す。先行Pに道を譲っていただく。

懸垂を一回交えほどなくして北穂小屋。約3時間で走破、上出来だ。北穂小屋で大休止後滝谷にむかう。

取付きに着くと予想はしていたが渋滞。。。やはり人気ルートはみんな狙ってますね~。私たちが最終かなと思っていたが後続Pも続々とやってくる。約1時間後私たちも出発。1P目はフェイスからチムニー。

2P目は普通のフェイス。3P目はⅠ級の歩きだがロープをまとめるのが大変なのでスタカットで行った。

4P目は私が一番面白かったところ。5P目よりテクニカル。

5P目も思っていたより簡単に終わり、ドームの頭から歩いて登山道へ。そこからは涸沢のビールを目指しダッシュ!

そのご17:00には涸沢に到着。ビールで乾杯しそのあとは現地で知り合った方に高級ウイスキーなどをごちそうになりながら落ちる。。。

3日目朝寝坊し、二日酔いながらテント撤収。無事に上高地に降りてきた。

2019.1.12~14:北岳(池山吊尾根)

参加者:Tさん、S姉、Iさん、Eさん、T

かねてから一度は行ってみたいと思っていた池山吊尾根に行ってきた。アプローチは奈良田温泉側と夜叉神峠側。

私の車が4駆でないのと最終日の鷲住山の400m登り返しが嫌なので奈良田温泉からにした。

1/12(土)7:40奈良田温泉・開運隧道ゲート厳重にしまっている。

トンネルを抜け林道にでる。はじめのうちは穏やかな林道あるきだったが・・・8時を過ぎると中央リニア新幹線の工事車両のダンプがひっきりなしに通る。ダンプは登山者を見るとスピードを落としてくれる。が、なかなかコワい。。。

中央リニアの工事はあるき沢橋までの半分くらいまで。がんばって歩いているうちに10:30「あるき沢橋」バス停に到着。

ここより急登の登山道がはじまる。地形図上では本日のお宿(池山小屋)までは近いのに「時間がかかるのはなぜかな?」と思っていたが、なるほど登山道は九十九折りだらけ。「たしかに距離あるわ~」

しかし厳冬期なのに雪が少ない…池山小屋周辺で水取れるかな?と思いながら重い装備を頑張って担ぎ上げ、14:20無事に池山小屋に到着!つかれた~~~!!池の周りには若干の雪があり何とか水がとれる。

小屋の中は誰もいない。早速テントを張る。先行パーティはもう少し高度を上げたようだ。本日はS姉おススメの餃子鍋!野菜たっぷり。

 

1/13(日)5:00池山小屋出発。昨晩は南岸低気圧が通ったのでかなりの降雪と思われたがふたを開ければせいぜい5cmほど。ラッキー!ワカンを小屋にデポしアイゼンにて頂上を目指す。

徐々に夜が明けていく。空は快晴!風もほぼなくこれから見れるであろう絶景に胸躍る。

8:20ボーコン沢の頭に到着。目指す日本第二の高峰「北岳」があらわれた!美しい!

ここから段々北岳に近づいていく。

以前夏に登ったバットレス4尾根。冬は絶対行く気にはなれない。

大絶景を楽しみながら、11:20北岳頂上へ!

冬に頂上で大休止なんてはじめてかも。大展望に後ろ髪を引かれるながら下山開始。間ノ岳~農鳥への稜線が素晴らしい!

15:00池山小屋到着。

 

1/14(月)6:20池山小屋出発。あとは下山するのみ今日は温泉はいって帰ろうという事でゆっくり出発。途中トラブルがあり9:20あるき沢バス停。

12:30奈良田温泉駐車場。

今回は皆様ありがとうございました!!

 

 

 

2018.12.9城山南壁:三日月ハングルート

リハビリクライミングという事で、Oさん・Mさん・Nさんに城山のマルチに連れて行っていただいた。この日は人数もすくなく楽しめてしっかり登れた。基本全てケミカルが続いており(不安な場合はリングボルト併用)フォローなので快適なルートだった。難易度は5.10cが最高グレードなので無理だと思ったらA0で乗越て行った。

東京都勤労者山岳連盟